2018/08/16の人気記事
【画像】本田翼が放つ無欲の力

【画像】本田翼が放つ無欲の力

 

1: 湛然 ★@\(^o^)/ 2014/12/14(日) 18:31:42.61 ID:???0.net

映画の公開前に、出演者がテレビ番組や雑誌を“ジャック”する-。すっかり
王道となった“番宣”(番組などの宣伝)手法だろう。最近でいえば、映画「アオハライド」の
本田翼が連日のようにテレビにはしご出演し、書店を彩った。

(中略)

映画のキャッチコピーは「青春は、いつだって間違える。」。三木孝浩監督いわく、主人公の
この“間違える”感じが、本田にハマったという。「ホットロード」の能年玲奈や「僕等がいた」の
吉高由里子ら、旬の女優を銀幕に映し出してきたヒットメーカーが明かす。

「(本田は)一瞬一瞬で表情が変わる。ひとところにいない。常に先に先に行っている
ところがあって、(その結果)失敗する感じがすごくキュートなんです。双葉はハマり役。
青春は間違えるじゃないけど、一生懸命にやって、ダメで、泣いてしまう、みたいな失敗して
いる姿を見て、親近感の沸くキャラクターが魅力なんです」

つまり“考えるより先に本能で動くタイプ”というわけで、欲が先行しない性格なのだ。
自分でも「登場キャラクターなら双葉が似ている」と自覚しているし、共演の東出昌大も
「普段から双葉っぽい」と証言している。

考える前に…が顕著なのが、バラエティー番組に出演した時だった。TBS系「A-Studio」の
笑福亭鶴瓶、フジテレビ系「とんねるずのみなさんのおかげでした」のとんねるずら、大御所との
絡みで“通常運転”のタメ口を連発。これで変な空気になるかといえば、そうならないところが
本田の武器で、とんねるずはすっかりデレデレ。石橋貴明が「今年1位です」と絶賛したほどだ。

記者も、青春時代について聞いた時、あっけらかんとした本音が飛び出して驚いた。
「(高校3年間は)バイト三昧。部活に入る意味が分からないってタイプでした。『陸上部に
入って、食っていけるの?』って。何も生み出さないものじゃないですか?バイトと違って、
お金をもらえない」と、ぶっちゃけた。

14歳からモデルとして働いていたからこその独特な表現だが、包み隠さない“本田節”は、
当たり障りない返答をされるよりはずっと好感が持てる。

発言1つとってみても「間違うこと」=「誤解されること」を恐れず、我が道を行く性格が分かる。
今後の女優業について聞くと、「やりたいことにしか興味ないんですよねぇ。(例えば)時代劇は
言葉遣いが大変そう。別の素晴らしい役者の方がいますし、って思っちゃう」と“我ながら困った
ものでして…”といった表情をしたので笑ってしまった。

もちろん、賛否は分かれるだろうが、どこまでも飾らず、天真らんまん。誰かに好かれようとか
嫌われたくないといった“欲”のなさが異端の魅力となっている。モデル出身の美女と聞けば、
ツンとした印象を受けるが、ところがどっこい対極の存在なのだ。

(デイリースポーツ 古宮正崇)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141214-00000032-dal-ent
12月14日(日)11時0分

・13日、初日あいさつに登場し客席に手を振る本田翼
no title

no title


関連:
【芸能】本田翼、彼氏からのメールには「基本返事しない」 『アオハライド』の恋愛判断イベントで「年上キラー」「恋愛上手」と絶賛されるc2ch.net
http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/mnewsplus/1418448737/

続きを読む

 

 

http://blog.livedoor.jp/uwasainfo/archives/2230786.html | 女優 | 芸能人の気になる噂  まとめブログランキング

TOP